10年間、自粛生活


久しぶりにアチィ汗
2020年5月1日

10年くらい自粛生活してるんだ私。笑
(突然喋り口調)
慢性疲労症候群を患ってしまい、しばらく自宅療養していました。
今は、だいぶ良いので症候群を脱して普通に生活しています。

どんな病気でもその期間は、生活全て自粛みたいなもんです。
神様が「お前いろいろやりすぎ。休め。寝ろ。って言ってるのに聞かないから
しゃーない、寝たきりにさせたろ…」と無理やり強制停止。
という事が本当にありました。数年寝込薬漬け。
瓶に沈む梅干のようにジィっとしているだけ。

今、世の流れがウィルスで全部そうなっているのも
地球を休ませるためか。人類が本来あるべき姿に戻るためか。
みんな自粛を強いられていますけど
お家で自粛生活無理。って言ってる人たちよ
戦う者よぉぉぉ(レミゼラブル)
民よ、まだ数ヶ月じゃないか。私なぞ、もう10数年じゃふぉっふぉっふぉ。
(急に仙人口調)

たしかに、自粛という言葉はいい響きじゃない。けど
心穏やかに過ごせますよう。家庭を大事にしますよう。
自分を大事にしますよう。これは必然の流れなんじゃ…?
前進しか考えていないのに、ピタリと歩みを止められてしまうけど
どうしようもない時が人生にはあるんじゃ(仙人)


今、ウィルスが流行って、世の中が混乱してるのを
あの時の私だ。と重ねてしまう。
病気になって0になった時の絶望感ったらない。
外に出られない。座っていることもきつい。食べられない。
私は不憫だ…寝たきりだ。それでも世の中は動いている。
0になっても時間は過ぎた(どんどん過ぎた。とぉきのぉ過ぎゆくまま〜に)
ああいけない。それは男と女の歌だ。こんなときは
(あ〜ああぁぁぁ川の流れのよ〜に〜)だな。
ウィルスなんぞ、ワクチンと特効薬が開発されるまでもうすぐだ。
たぶんみなさんは、沢山の人類は自粛生活を無事にあけられる。
だいじょうぶだぁ〜(けんちゃん)
本当に大丈夫だ。さて、もう少し仙人の話を書こうか。
いえ、けっこうですって言わないでw

さて。
私は、そんなこんなでも回復して行ったんじゃ(仙人)
数年経って回復を感じたのは、
数時間、ソファーに座っていられるようになって夕方の「相棒」の再放送と、
「五時に夢中」を2時間見ていられるようになったこと笑
あ。私はきっと蘇る。そう思ったんじゃ。
そうして5年前に子供を産むことができた。

でもまーだ、自粛10数年の仙人は、まだ体調が悪く振り返すことがあります。
食べた栄養がきちんと吸収されず低血糖に陥ったり
倦怠感で寝込んだり、パニック発作や体の痛みや痺れが発作となることがあって。
いまだに出かけることが苦痛です。いいときと悪い時、
波があり、あまり周囲には理解されにくい病です。

月に数回、外に出かけるってことがしんどく
これはいつ終わるのかわからないままですが。
ほとんど家にいます。
毎日平和です。もう慣れました。

それでも娘は、こんな山籠り仙人のようなお母さんをよく理解してくれて
お母さんと2人の日は、散歩以外はあちこち出かけたいと一切言いません。
スーパーにも2人だけで行くことはありません。
でも大きくなったら反動でぷらぷらしやしないか、
反社会的な心を持ってしまわないか、心配なので
そろそろ、世の自粛明けと同時期に、私も自粛生活を明けたいのが本音です。
世のみなさんは自粛生活が明けたら、また自由になれるでしょう。
それが普通です。羨ましいです。

私はまだ、自力で出かけて帰ってくる体力が無いので笑
自粛生活解くのは無理なのか。


ま、欲はあります。(あるんかーい)
エステに行きたいなあ…
脱毛サロンにも行きたいんだよ。
お母さんはお酒飲めないんだけど
日本酒とワインをまた飲めるようになりたいな。
小さい車を買って移動難民をやめたい。
めまいを起こさず、コストコも歩いてみたいし
真夏の太陽の下、サーフィンもしてみたい。
娘連れて、飛行機でハワイにも行きたいなあ。
ミュージカルやバレエも観に行きたい。
娘を、どこへだって連れてってあげたい。
気持ちはね。


わははは。
まだ無理だ。笑
みなさんは自粛明け、どんな活動しますか?




連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *